manコマンドで表示されるドキュメントの色付けをカスタマイズ

Byraimon, 2017-03-31(金), in category Zsh

zsh

PAGERで開いた時の標準色付けだと見づらい

環境変数 $PAGER を設定している状態で man コマンドでドキュメントを表示すると色付けしてくれるが、標準では見づらい。

export PAGER=lv
export LV="-Ou8 -c"

例えば上記のように lv を指定していると、次のように色付けして出力される。

標準の色付け出力

それぞれのPAGERで色付けをカスタマイズ

lvless ではカラーコードを指定して色付けをカスタマイズが可能である。自分は次のような色付け設定に落ち着いている。

カスタマイズした色付け出力

lv では環境変数 $LV でカラーコードを指定する。

export LV="-Ou8 -c -Sh1;36 -Su1;4;32 -Ss7;37;1;33"

環境によっては lv がインストールされていない場合もある。そのため less も互換性を持つ配色にしておくと困らない。 $LESS_TERMCAP_ から始まる環境変数にエスケープシーケンスを出力するように設定しておく。

man() {
    env \
        LESS_TERMCAP_mb=$(printf "\e[1;36m") \
        LESS_TERMCAP_md=$(printf "\e[1;36m") \
        LESS_TERMCAP_me=$(printf "\e[0m") \
        LESS_TERMCAP_se=$(printf "\e[0m") \
        LESS_TERMCAP_so=$(printf "\e[1;44;33m") \
        LESS_TERMCAP_ue=$(printf "\e[0m") \
        LESS_TERMCAP_us=$(printf "\e[1;32m") \
        man "$@"
}

自分好みのカラーコードを設定するには、bash:tip_colors_and_formattingのようなページを参考にするとよい。