zshでファイル名グロブを展開した後にアンドゥできる事を知った

Byraimon, 2014-11-11(火), in category Zsh

zsh

zshでファイル名グロブの記号をTabキー展開した後に記号に戻す方法があった。

一度展開してしまうと戻せないものだと思い込んでいたが違った。

結論

Ctrl+x - u でと入力してアンドゥ操作することで直前の記号に戻る。

詳細

zshで次のように入力した状態で、 Tab キーを押すと、コマンド実行前に記号がマッチするファイルが展開される。

# Tabキーを押す
$ ls *user.js

# 展開される
$ ls feedburner_tracking_cutter.user.js
feedburner_tracking_cutter.user.js  minimum_scroll.user.js              show_yahoo_news_detail_p.user.js
ldc_rancor_cool.user.js             read_two_ahead_feed_on_ldr.user.js  wikipedia_redirect_keyword.user.js
ldr_auto_expand_all_rating.user.js  show_time_on_ldr.user.js

展開された後に、元の記号に戻したい事が多々あって、どうやるのか知らなかったのだけど、アンドゥ操作で戻せるのだった。

アンドゥはEmacsキーバインドを設定している場合、先述した Ctrl+x - u と入力する。

# Ctrl+x - uと押す
$ ls feedburner_tracking_cutter.user.js
feedburner_tracking_cutter.user.js  minimum_scroll.user.js              show_yahoo_news_detail_p.user.js
ldc_rancor_cool.user.js             read_two_ahead_feed_on_ldr.user.js  wikipedia_redirect_keyword.user.js
ldr_auto_expand_all_rating.user.js  show_time_on_ldr.user.js

# 元に戻った
$ ls *user.js

ちなみに、名前の通りアンドゥなので、連続的に Ctrl+x - u を押すと、入力した文字がどんどん消えて行く。

# さらに戻る
$ ls *user.j

# さらに戻る
$ ls *user.